北限のキスを釣る

北海道道南でキス、カレイを狙う釣り師のブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サケの生涯

先日、釣りもひと段落(行き過ぎ警報発令!)した(された?)もので・・・

嫁に付き合って道場水産(南茅部)までタラコを買いに。
故郷を離れた家族への贈答等に使うのだ。
途中、小さな川の河口付近に人が群がって橋下を覗いていたので
車を止めて覗いてみたら・・・

サケが川を遡上している?!www
そして、その小川の沿岸には累々と白く変色したサケの亡骸が・・・
食べ飽きたのか、もはや、カモメもつつかん^^;

よく見ると、河口から50mも離れていないところで産卵行動を
とっている個体があちらこちらと??
こんな海の近くで? 卵産むのか? もっと上流の概念があったのだが。

サケの産卵行動、調べてみたらその場所は一般的に
1.水深(28㎝前後)
2.流速(27㎝/秒前後)
3.礫の空隙率(Fredle指数)
によって決められるらしい。

したがって、いかに河口から離れているとかではなく、卵の育成
に適した環境であれば河口から20mでも産卵するのだそうだ。
この川では、ここいら辺がその環境だったのであろう。

遡上する親魚も
川を下る稚魚も

海に近いほうが楽だわなぁwww。

余談ですが。

その亡骸あふれる小川の河口両岸にはサケ釣りと思われる集団が
海に向かって浮き釣り、ルアー釣り・・・

Konoもサケは食べるけどね^^;
はるか北洋から産卵のために命からがら故郷の川までたどり着いた
健気なサケの亡骸の横でサケを釣る気分には・・・
関連記事
スポンサーサイト

| 徒然 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watanabe1234.blog.fc2.com/tb.php/952-a80d7e29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT