北限のキスを釣る

北海道道南でキス、カレイを狙う釣り師のブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

針はがまかつ^^

Konoはけっして《がまかつ》の回し者ではない。

が、

針は・・ 針だけは、やっぱりがまかつだな。

最近出してきたナノスムース、船カレイ、チヌR
今回船カレイのほうを試用してみたが・・・ これはいい^^
ササリが違う。

ババガレイの堅い唇にもしっかりと掛かり、
最近流行りの、アタリ即あわせの釣りにマッチしている。
さっそくナノチヌRも取り寄せた。

カレイ釣りでさえ・・・ 最近は即あわせなのだ。
一昔前ならありえない設定。 カレイは《待って喰わせる》 が
鉄板の常識であった。
それが・・カレイ釣りに即あわせ? 問題外の非常識だったはずが・・・

最先端の船釣りではその常識が覆されつつある。
手返し重視。 競技の釣りならでわの新発想であった。
手返し良く即アワセで釣れるのならそれにこしたことはない^^
この釣法は東北宮城の仙台湾マガレイ数釣りから波及して
きた釣法だ。

ただ、当然釣法が変わればそれに適したロッド、リールも
変わってくる。 もちろん仕掛けもご多聞にはもれない。

そして、その先端の仕掛けに対応して出してきたのが
このナノチヌ、ナノカレイ。 当然ラインも感度重視のPEライン。
051.jpg

まあ、即あわせしない人には有り難味は少ないかもしれないが・・・
使えばわかるその貫通性能、即アワセに絶大な効果を発揮する。
興味ある方は一度お試しあれ。
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 釣行記 | 00:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watanabe1234.blog.fc2.com/tb.php/923-8e5abd34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT