北限のキスを釣る

北海道道南でキス、カレイを狙う釣り師のブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カレイ用釣り針、丸セイゴ派?チヌ針派?

最近めっきり使わなくなった流線型。
袖長タイプのカレイ針。

袖長タイプの最大のメリットは針はずしの容易さ?
ココのメリットについては、最近の針はずし器の進歩により
打ち消されてしまった感がある^^;
逆にデメリットとして・・・
袖長故の食い込みの悪さ
針掛かりのしずらさ・・・がっちり飲み込まないと針掛かりし難い^^;

この辺を考えるとどうしても短軸タイプに分があるよなぁ・・・

ただね

この長袖タイプ、エサをがっぽり付けることができるので、ドボンと
ぶっこんでガッチリ飲み込ませて、車中で寝て待つ冬場の車中
釣りには使いではありそうだwww

まあ最近のKonoは、この手のドボン釣りをあまりしなくなったので、
使う場所が減っただけのことなんだけどねwww

さて、最近よく使うようになった短軸系だが・・・

道南の函館サーフ系の釣り人の間ではチヌ系が主流だ。
チヌ針は総じて針先が鋭く貫通性能に優れ、また軸もしっかりしたものが
多く不意の大物にも十分対応できる(Konoはハリスがそもそも細いので、
この恩恵は受け難い^^;)とされる。
今は無き名店、あの倉島で推奨していたということも大きいのだろう。

これに対し、道央の札幌サーフ系ではけっこう丸セイゴタイプが主流と聞く。
丸セイゴは手に入り易く、また廉価で形状的に魚に吸込み易い利点が
あるので広く使われていると考えている。
そもそも、あちら方面ではチヌ自体釣れない魚なので、それ用の針が入手
しずらい面もあるかもしれない。
針先の鋭さ、貫通性能についも、道央系の人達は物量作戦が得意のため
ちょっとでも使って針先の甘くなった針、仕掛は即交換して鋭さを保つ
という釣りをするので問題ないのかと・・・

ま、そういう釣りを得意としていないKonoは・・要は横着な釣人やねwww
やっぱりチヌ針がすっきやねん^^   なのかな?・・・
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 釣行記 | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watanabe1234.blog.fc2.com/tb.php/564-aed86245

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT