北限のキスを釣る

北海道道南でキス、カレイを狙う釣り師のブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投げ釣りは《ゴム》に凌駕される?

ここでいう《ゴム》とはワームのことだ^^;
うちのクラブの面々はワームのことを羨望もこめて《ゴム》とよぶ。
釣りのスタイルが投げ釣りでなく、ワームなどが主流になりつつある
からだ。

ココ最近の投げ釣り、特に置き竿釣りの衰退はかなり感じる。
やってる年齢層が高齢化しているし、若者はあまりやらない。
主な理由は
1.タックルが高額化して若者には揃えられない
2.待ちのスタイルが多くてけっこう退屈
3.魚とのやりとりが巻く時だけ
4.遠くの魚が狙い易い
こんなもんか?

逆に《ゴム》はというと・・・
1.タックルにそんなにお金がかからない
2.攻めの釣りでけっこういそがし
3.アタリがダイレクトに伝わるし、ライトタックルはスリル満点
4.技術次第でエサ釣りよりも釣果があがる?
5.近場の魚しか狙えない
6.エサ代がかからない

う~ん、よく考えると《ゴム》はけっこうイケている。
こりゃあ、若いヤツ、みんな《ゴム》やるわな^^

でもね、時代の変遷と共に釣りのスタイルも変遷する。
ワームだって投げ釣りの一種だろう?進化したスタイルじゃないの?
餌付けるか付けないかくらいの違いしかないじゃあないか。

正直、自分も置き竿釣りは最近あまりやらない。
やるのはキス釣り、ルアーロッドでのカレイ釣りくらいなものだ。
竿投げっぱなしで仲間とだべってるのもたまにはいいが・・
やっぱり釣りは魚とのやりとりがメインだよね。

Konoも今度ワームでのヒラメ釣りにも手を染めようかと思っている次第・・・
おじさんも・・・《ゴム》やってみたくなったのだよ・・・
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 釣行記 | 00:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watanabe1234.blog.fc2.com/tb.php/473-16f76593

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT