北限のキスを釣る

北海道道南でキス、カレイを狙う釣り師のブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

竿を曲げる1

最近投擲のフォームもそれなりに安定してきて飛距離もそれに伴い安定してきた。

しかし、実際に自分の竿ってどのくらい曲がっているのか疑問がある。
160~170mくらいは安定して出るのでそれなりに曲がっているとは思うのだが、実際に自分の竿のポテンシャルってどのくらいなのか?
もっと曲げられるともっと飛距離が出るのか、その限界はどこなのか知りたい。

一般にキャステイングをする人は25号のシンカーにAXとかXXとかのロッドで飛距離を出している。

要は硬いロッドでも曲げられれば当然反発の強いロッドのほうが飛距離は出るはずだ。

しかし自分はCX、あるいは27号負荷のロッドしか持っていない。
標準的に投げる号数は27号、25号なのでそれでいいものと思ってきた。
そもそも振出し竿しか持っていなかった頃、初めて並継ぎ竿を手にしたときは「なにこの棒みたいな竿?」という印象で、全く曲げられなかった。

当然飛距離も振出し以下で、並継ぎ竿など到底使える気がしなかったものなのだが・・・

                            (つづく・・・)
関連記事
スポンサーサイト

| 徒然 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watanabe1234.blog.fc2.com/tb.php/39-4ff39afc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT