北限のキスを釣る

北海道道南でキス、カレイを狙う釣り師のブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フックの性能

普通にレジャーで釣りをするなら、それほど気にも
留めないのだが・・・
せいぜい、バラして「ああ、悔しい!」 くらいのものだが、
こと、競技となると「悔しい・・・」 レベルでは済まない。

歴然とした《勝ち》《負け》 が発生する。
一度でも針掛かりした魚をバラしたら1匹、1gを争う競技会
では致命傷になりかねない。

そして、この《バラス》現象は、努力次第で高確率に防げる
もので、いうならば、人災? みたいなものだ。
《バラシ》は、この努力、工夫を怠った証ともいえる。
すなわち、競技を行う者にとって、《バラシ》は、屈辱なのだ。

故に、普段から競技に出ている釣人と普通の釣人とには
タックルに対するこだわり、特に魚にもっとも近いフックの
性能に関して、大きな意識の違いが発生することがある。
もし、魚と出会える確率が一緒だとしたら、それをバラス、
バラさないでは大きな釣果の差となるからだ。

もちろん、仕掛けの形状とかラインの号数とか、《バラシ》
の原因に関係すると思われる要素は多々あろうが、やはり
魚にもっとも近く、影響を与える要素としてのフックの性能
は見過ごせない。

Konoも御多分にもれず・・・フックに関しては色々とこだわり
があるのだが、近年の・・・フックにはマグシールド以上の
革命的変革があったと思う。

これはねぇ・・・ フッ素コート? ですよ^^
近年、各社、力を入れて、続々新製品を投入してきている。
そして明らかに刺さりが変わった。 すっぱり入る。
バラシはこの技術の投入のおかげで相当数軽減されていると
思う。 船釣りしかり、投げ釣りしかり。

これだけがすべてではないが・・・
一魚一魚を大切に釣りたいのなら、少々お高いが一度お試しあれ。
刺さりの性能の違いは明らかだ。
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 釣行記 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watanabe1234.blog.fc2.com/tb.php/1210-2b690f19

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT