北限のキスを釣る

北海道道南でキス、カレイを狙う釣り師のブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

はこサ大会(総評)

北海道道南では今春の釣りシーズン全開である。

そんな中、はこだてサーフの春季大会が18,19日にかけて道南で
開催された。

釣果の1部は前のブログで紹介したが、ここではその総括っぽく
まとめてみる。

全体として大物を釣ってくることに関してはそう例年と変わらない。
今回は小谷石、松前、岩部方面での釣果が目立った。

松前のロラン局下では各種大物が提出されていた。
さすが松前、いるところには魚はいる。

自分も白神の磯に入るかどうか迷ったがカレイの大物が出にくい
こともあって札前に足を伸ばした・・・

小谷石監視塔近辺ではクマの出没も確認されているので、
行きたい人は十分に注意していってもらいたい。

大成、瀬棚近辺での釣果が目立たなかったのは、今釣りバスシーズンの
真っ只中、道央から人気の大成、瀬棚、乙部、江差方面の各磯では
人がごったがえしていて、あずましく釣りができないという裏事情も
おおいに関係しているのだろう。
道南の釣り人はあのごった返しの中、釣りをするのに慣れていない。
(自分も嫌いだ)

小谷石から岩部、福島、白神と続く松前半島南側は荒根の続く根物の
好釣り場で、道央方面からも遠く道南人の憩いの釣り場となっている。
ハチガラ、ソイ、アブラコなどの大物が潜んでいるし、砂地では
マコガレイ、ババガレイまで狙える。
今回も小さいながらババガレイが上がっていた。

最近の傾向としてホッケの減少が目立つ。
型モノはめったに見えなくなったほか、小物さえも減少した。
先般新聞を賑わした漁師の乱獲の影響も響いているのかもしれない。
本来小谷石方面は根ボッケの宝庫だったのだが、最近はとんと姿を
見なくなった。知内の砂浜でも上がったものだが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

| 釣行記 | 00:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ロラン相違

小谷石ロランではなく、松前建石ロランでした~。崖の降り、登りはごめんしたいんですが、某2名が荷物を持つからぜひとせがまれまして・・・魚も某2名に持ってかれました~。(涙)でも、久々に若りし頃の釣りを楽しみました。(感謝)

| mr.k | 2013/05/21 20:30 | URL |

あらら^^;

そっちのロラン局でしたか~^^;

訂正しておきます。

それにしても、元気ですねえ^^
感心します。

| kono | 2013/05/21 21:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watanabe1234.blog.fc2.com/tb.php/108-9084ed5f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT