北限のキスを釣る

北海道道南でキス、カレイを狙う釣り師のブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワカサギ氷上釣りについて

遠方よりのブロ友が興味を示したのでちょっと詳しく書いてみたい。

ここ道南の氷上ワカサギ釣りは非常に敷居の低い、お手軽な釣りだ。
観光地だけあって、本格的なテント、穴あけ、竿、仕掛け、餌等
まったく不要。
観光客用のレンタル装備がすべて整っている。(観光客、けっこう多い)
防寒さえできていれば手ぶらでOKだ。

基本的には竿、仕掛け、餌、入漁料込で ¥1100円(大人)
魚を入れるバケツ、椅子、氷の穴開け等はすべて組合でやって
くれる。(入漁料に入っているちゅうことやね^^)

寒くなれば氷上のビニールハウス内(組合本部)で休憩^^
カップ麺もホットドリンクも売っているし、
釣れた魚も100円くらいでその場でから揚げにしてくれる。
(これがとっても美味しい^^)
道央の沼、湖などではここまでお気軽に氷上釣りできる場所は
少ないのではなかろうか?

ただし、あったりまえの話だが、日中はあたりが遠のく。
まともに釣りたいのなら朝方(8時~10時)か、夕方(14時半~
17時)でなければかなりの貧果はまぬがれぬ^^;
函館観光のついで、朝は朝市、昼からレンタカーで大沼へ・・・
というパターンが良いのかもしれない。

魚影も道央各地の湖沼に比べれば薄いほうなので、釣れて100匹?
500とか1000とかは望むべくもなく・・・
まあ、それだけ釣れても余してどうにもならないがねwww

大沼周辺で氷上釣りできるのはじゅんさい沼と大沼公園内の釣堀
太公園、できる期間は基本1月、2月が確実だ。
早ければ12月中旬、遅ければ3月中旬までできることはあるが、
確実性はない。 どちらも函館から車で1時間(Konoの家からは
30分)
0053.jpg0054.jpg
これが大公園
写真は昨年12月、残念ながらまだ氷が張っていない。
でも桟橋から釣りはできる^^ 氷が張れば穴あけて氷上釣りが楽しめる。

012_20160220204644b91.jpg
こっちがじゅんさい沼
夏になるとじゅんさいがいっぱい採れる^^

全部レンタルするならじゅんさい沼も釣堀太公園も料金は同じ。
じゅんさい沼は天然湖沼で風景抜群、遠くに駒ヶ岳が眺望でき
シュチュエーションは抜群だ。
ただし、風が吹けば寒く、天然湖沼なので魚がどこにいるか不安定で、
釣果にムラがでる。(Kono、先日は3人午前中で50匹)

大沼公園内の太公園、釣堀だけあって魚影は確実(Kono、正月に
家族3人午前中で500匹超^^;)
ただし、林に囲まれ眺望はよくない^^; が、反面風が吹かず寒くない^^
大自然を満喫www にはちょっとどうかな? 魚は確実に釣れる^^

まあ、眺望はちょっと釣堀を離れれば普通に大沼観光できるので、
観光と釣りを切り離して考えればどうってことはないのだが。
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

| 釣行記 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://watanabe1234.blog.fc2.com/tb.php/1071-cb2304e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT